リースよりもレンタルの利点

レンタルの利点

写真

レンタルは、今長期レンタルがあり途中解約可能です。
そしてオフバランス処理が出来るメリットがあります。(保守サービスもします)
保守やレンタル終了後の機器の処分などトータルコストも安いです。
しかも経費で処理出来ます。長期、短期でも対応致します。


◆近年企業の考え方により物品の導入形態も様々です。

しかし、リース会計基準の変更に伴い、これまでリースの導入形態で物品を

購入されていた企業では、オンバランスとなるリースからオフバランス化が可

能なレンタルでの物品の導入にシフトする企業が増えています。


◆レンタルは、オフバランス処理が出来るメリット

・経費処理が可能
 
・所有に伴う経費、業務手間等の省力化
 
・バランスシートのスリム化(総資産に対する利益率、総資本利益率)
 
・物件廃棄工数の削減


◆保守やレンタル終了後の機器の処分などトータルコストも安いです。
しかも経費で処理出来 長期、短期のレンタルでも対応致します又途中解約も可能なのが利点です。(リースは、途中解約が出来ないです)


【例】
商品代金7500円の蛍光灯1本で6年間レンタルの場合の例


7500円(蛍光灯1本)×18%÷12カ月=113円(毎月)+保守、メンテナンス料(*1)
(*1)メンテナンス料金

 
蛍光灯、スポットライト、ダウンライト、電球、他、1本(個)に対して60円〜150円毎月発生します。
(使用用途によって異なります)

※113円(1本)のレンタル料(1日点灯時間が12時間迄の場合です)


◆レンタル料計算方法
 商品代金×レンタル期間÷12カ月=レンタル料+保守、メンテナンス料(毎月)